(Essential Education Center の投稿者)

特集コラム

まだ間に合う!Zoomを使ったオンライン研修

近年、新型コロナの影響もあり、ZoomやGoogle Meet、Microsoft Teamsといったweb会議システムを利用したオンライン研修や授業は、多くの企業や学校で取り入れられるようになりました。EECでは、Zoomを利用した研修の実施が多いため、改めてZoomオンライン研修について整理してます。
Topics

マネジメントとは?マネージャーとリーダーの違い、大切な4つのスキル

「マネジメント」は、先行きが不透明で将来の予測が困難といわれるVUCA時代の今だからこそ、非常に重要な機能です。組織は「マネジメント」次第で、良くも悪くもなります。
特集コラム

フィードバックとは? そのポイントを解説

企業研修や人材育成・教育の場面において、よく『フィードバック』という手法が用いられることがあります。自分を知り、他者との関係性を構築するためにも、非常に有効な手法なのですが、一歩間違えると逆効果を生んでしまうこともあります。
Topics

人材育成 オンライン研修で成果を上げる

調査内では、メリット・デメリット双方の結果が示されているのですが、面白かったのは、”学習目標の達成度” についてです。”学習目標の達成度” が8割以上との回答が最も多かったのが、オンライン集合研修、次いで対面集合研修、最後にe-ラーニングという結果でした。内容によっては、リアルの対面研修よりも、オンライン研修の方が成果を上げているということです。
特集コラム

学びのDX(デジタルトランスフォーメーション)No.2

『学びのDX』では、DXはただ単にITツールを活用するだけでなく、目的の明確化やDXを推進していく ”人” の育成が重要であると書きました。今回は、EECの事例も含めて、少し具体的な内容を書きたいと思います。
特集コラム

学びのDX(デジタルトランスフォーメーション)

近年、国内企業にもジワジワと広がりを見せていたDXですが、その流れはコロナの影響を受けて一気に加速したと言えます。さて、我々EECが関わる、教育·人材育成の領域では、どの様なDXが起きているのでしょうか?
Topics

企業研修の論理「EEモデルについて No.3」成長のスパイラル

氷山のトップ(認知領域)からボトム(非認知領域)、今一度トップ(認知領域)という、循環が生まれます。この循環を回す力を、持続的成長力「自分で自分を成長させる力」と呼びます。
Topics

企業研修の論理 「EEモデルについて No.2」氷山が表すもの 

EEモデルにおける“非認知領域” は、意図・考え・感情・思い・価値観・信念・本能など、本人の開示なしには、目に見えない(認知できない)部分を指します。この “非認知領域” の中にも、2つのステージが存在します。一つは、”エッセンシャル” と呼んでいます。”エッセンシャル” は、意図・考え・感情・思い・価値観・信念といった、人間の活動の内面の部分を指します。
特集コラム

企業研修の論理「EEモデルについて No.1」氷山が表すもの

『EEモデル』は、簡単に言うと、我々 “人間そのもの” を表しています。私達は日々、仕事や学業、遊び、恋愛、趣味など様々な行動·活動を行っています。その行動・活動を2つの領域と4つステージに分けて表現しています。
Topics

ラーニングジャーニー Learning Journey

 学びは、点でもなく、線でもなく、”旅” 。  数年の前のATDカンファレンス(世界の人材・...
特集コラム

「オンラインコミュニケーション」に関するアンケート

有限会社エッセンシャルエデュケーションセンター(本社:神戸市北区、代表取締役:田中 翔紘)は、企業経営者、会社員、フリーランス・自営業を対象(n=117)に、web会議・テレビ会議など、コロナ禍の「オンラインコミュニケーション」に関する調査結果を発表致します。
特集コラム

コロナ禍こそ、目的から手段を選ぶ

新入社員研修実施時期である4月頃が、世間的にどの様な状況になっているかという点です。オフラインで集合することができるのか、オンラインでリモートで実施した方が良いのか。EECとしては、”どちらにも対応していく” というお話をお伝えしています。
タイトルとURLをコピーしました