What’s “EEC” ? その10

EEC Activity
エッセンシャルエデュケーションセンター(EEC)の研修プログラムで使う “アクティビティ” を紹介します。今回は、室内でも実施可能なアクティビティです。
 
10【ブラインドスクエア】
 グループ全員が目隠しをした状態で “正方形” を作ります。横一列に並んだグループメンバー、目隠しをした状態で手渡される大きな輪、メンバーの順番が入れ替わることなく、そしてその輪全体を使って “正方形” を作らなければなりません。
 
“正方形” の定義は、誰もが知るところですが、自分が誰と誰に挟まれていたのか?手にした輪は一体どれくらいの大きさなのか?どうやって “正方形” を作るのか?次々に問題が降りかかってきます。
 
個人の取り組みに影響を与えるのは、見えないことよりも、「見られていない」ということ…参画しないこと、課題が達成できないことに対する言い訳がどんどんと湧いてきます。
 
日常では、その深度に差はあるものの誰もが「見られている」ということを意識しているのではないでしょうか?それを自分の力に変えられるか?取り繕ってしまうのか?過度に気にして萎縮してしまうのか?自分自身を映す鏡がそこにあります。
 
自分の意見を伝える、他者の意見に耳を傾けることをおろそかにしているとグループの方針が決まらない、自分がどう動いていいかわからない。伝えたつもり、わかったつもりでは、結果に結びつきません。
 
逆に自分の意見を伝える、他者の意見に耳を傾けることに徹することでグループが納得して課題解決に向かうことができます。
 
どんな状況でも個人、グループ、組織としては結果を追求しなければなりません。“正方形” ができた、できなかったという結果ももちろん大切ですが、ここで向き合わなければならないのは 対人能力、対自己能力、対課題能力など自分自身のヒューマンスキルの “今” なのだと思います。「見られていない」ということ…自分自身を映す鏡がここにもあります。
 
Challenge
 個人・チームとして求められる “本気” の挑戦
 
Reality
 ごまかしのきかない状況で生まれるリアルな感情や “本音” の関わり
 
Essential
 本質に向き合い “本物” の力を育む
 
…エッセンシャルエデュケーションセンター http://e-ec.co.jp

この記事を書いた人

鈴木 浩之(Hiroyuki,SUZUKI)
有限会社エッセンシャルエデュケーションセンター Sales&Promotion担当マネージャー。
大学卒業後、世界的冒険教育機関であるOBSの指導者コースJALT受講、その後、OBSインストラクターへ。OEC、国立青少年教育振興機構、市議会議員等を経て現在に至る。1971年静岡県出身。

シェアする