コミュニケーション

概要

多様性の理解

共通体験や共通言語を持つことでコミュニケーションの基盤をつくる

対象

内定者、新入社員、若手社員、中堅社員、管理職、経営層

コンテンツ

  • アドベンチャーラリー
  • オリエンテーリング
  • 登山
  • 沢登り
  • カヤック
  • 自転車
  • EG(エマジェネティックス®️)
  • 室内実習

【プログラム例】コミュニケーション(1日)

導入実績(抜粋)

タカラベルモント
HONDA 本田技研工業株式会社
堀場製作所
富士ゼロックス
JR東日本
アットネットホーム
三菱重工業

ダイヤモンド電機株式会社
メリルリンチ証券
ダイセル
ロート製薬
ノーリツ
日本サンマイクロシステムズ
日本電気硝子

グローリー株式会社
SHIMANO シマノ
IIJ インターネットイニシアティブ
豊島株式会社
三菱日立パワーシステムズ
株式会社コーアツ
など多数。

 

タイトルとURLをコピーしました