【プレスリリース】Withコロナ時代、経営者は「チームワーク」を求めている | Essential Education Center

【プレスリリース】Withコロナ時代、66.7%の経営者が、社員に「周りと協力する力(チームワーク)」を身につけて欲しい

 先日、企業の経営者を対象に行ったリサーチのレポートをプレスリリースしました。

(リリース内容はコチラ

 今回は、その内容について、いくつか考察していきたいと思います。

Withコロナ時代「人材の重要性が高まった」

 6割以上の経営者が、コロナ前と比べて「人材の重要性が高まった」と回答しています。

 これはなぜでしょうか?

 今回のコロナは、今まで会社が行ってきた人材育成・教育の答え合わせだったのではないかと考えています。

 コロナショックに直面し、人材の力が無い会社は弱っていき、逆に人材個々が主体的に困難に立ち向かって行った会社は、コロナ禍でも前に進んでいるという結果になっています。

 これはまさに、会社の人材力の差といえるのではないでしょうか。

 ここで注目すべきは、人材が高い知識やスキルを持っていたかどうかだけではないとうことです。

 “社員に身に付けて欲しい力は?という質問に対して、最も多かった回答は、

「周りと協力する力(チームワーク)」です。

 なぜなら、『コロナの対処法』などという正解は、世界中のどこにも無かったからです。

 コロナに対しては、正解もわからない中、チームで協力しながら、必死に試行錯誤を繰り返す以外、前に進む方法は無かったのです。

 それこそが、人材の本質的な力で、会社が求める人材の重要性ではないでしょうか。

Withコロナ時代 社員に対し「困難を乗り越える力」を求める理由

 「周りと協力する力(チームワーク)」以外に、「困難を乗り越える力」を求める経営者も多く見られました。

 その理由の多くに、まだまだコロナの影響が続くというものもあるのですが、それ以上に不確実な未来であるという捉え方が多いように見受けられます。

 VUCA時代と言われて久しい(VUCAについてはこちらの記事もご覧下さい。)ですが、今回のコロナを受けて、未来が不確実であるということは、全世界の人が実感させられました。

 多くの経営者は、この不確実な未来が当たり前の現代においては、既存の知識や正解だけでなく、自ら答えを創っていく「困難を乗り越える力」を重要に考えているようです。

Withコロナ時代 「困難を乗り越える力」はどのように育むの?

 では、「周りと協力する力(チームワーク)」「困難を乗り越える力」は、どのように育んでいけばよいのでしょうか?

 前述の通り、明確な答えが無いわけなので、誰かがレクチャーするというのは難しいように思います。

(レクチャーできるのであれば、誰も苦労していないですよね。。)

 様々な考え方があると思いますが、EECでは、明確な答えが無い(自分たちで答えを創り出していく)事象に取り組み、それをふりかえりまたそれを次へ繋げる、ということを繰り返す以外に無いと考えています。

 EECの研修プログラムの中核に体験型の実習があることも、その辺りの理由からきています。

 今回のリサーチ結果からも、「非日常の研修」を通して、「周りと協力する力(チームワーク)」や「困難を乗り越える力」を身に付けて欲しいとの回答が多くありました。

 コロナの影響もまだまだ続き、不確実な未来が当たり前の現代、組織として、チームとして、そして個人として、強く・しなやかに進んでいくために、改めて今の教育について考える時期なのかもしれません。

 EECとしても、オーダーメイドで人と組織の可能性を拡げるをコンセプトに、徹底的にお客様と教育に向き合っていきたいと思います。

この記事を書いた人

田中 翔紘(Shoko,TANAKA)
有限会社エッセンシャルエデュケーションセンター代表取締役。
幼少期からアルペンスキーの選手として活躍。高校卒業後、単身アメリカColorado Mountain Collegeへ留学。スキー選手として世界を転戦しながら、野外教育を学ぶ。スキー選手を引退後、弊社代表取締役に就任。1986年兵庫県出身。

コメント

タイトルとURLをコピーしました