新入社員フォローアップ研修って必要?内容や効果的に実施するためのポイント | Essential Education Center

新入社員フォローアップ研修って必要?内容や効果的に実施するためのポイント

会社に新入社員を受け入れる際は、多くの企業が新入社員研修や導入教育を実施すると思いますが、実施は最初の数ヶ月だけで、後は現場にお任せになっていませんか?

入社数ヶ月だけでなく、長期的にフォローしていくことで、モチベーションの低下や離職を防ぎ、新入社員が自分自身を見つめる機会にもなります。

そんな機会として、近年改めて『フォローアップ研修』が注目されています。

フォローアップ研修で行うべき内容と、効果的なものにするためのポイントを紹介します。

(『新入社員の受け入れと育成のポイント』についてはコチラ

新入社員フォローアップ研修とは?

新入社員フォローアップ研修とは、入社後すぐに実施される新入社員研修から一定期間が経過した後に実施される研修やその仕組みのことを指します。

「フォローアップ(follow up)」とは、「追いかける」「何かを確かめたり、チェックや再確認したりする」という意味の英語です。ビジネスシーンでは、「一度学んだこと設定したことの再確認や改善をするために、ある程度時間が経ってから、もう一度行うこと」という意味で使われています。

新入社員フォローアップ研修のタイミング

前提として、フォローアップする期間やタイミングに決まり(この期間でなければNG)はありません。一般的には、入社から3ヶ月・半年・1年などのタイミングで実施されていることが多いのですが、会社や新入社員の状況、教育目的や計画をベースにフォローアップのタイミングを決定することが重要です。

新入社員フォローアップ研修の目的

こちらも、会社や新入社員の状況、教育目的や計画によって変わってきますが、

  • 新入社員研修の学びや気づきのリマインド
  • 現状の棚卸と分析(課題や悩みの共有)
  • 新たな目標設定
  • 同期との交流

などが挙げられます。

また新入社員は、入社からの数ヶ月は慣れない状況で日々目まぐるしく過ぎていくことが多いため、一度立ち止まって、今の自分を整理する、ことも重要なポイントです。

その他にも、新入社員を受け入れる会社側としても、人材育成のための環境が整っているか、導入教育の効果が出ているかどうかの確認にもなるのです。

新入社員フォローアップ研修のポイント

新入社員フォローアップ研修を実施するにあたり、押さえておきたいポイントをいくつか紹介します。

日常業務とは離れた環境で行う

日常業務の延長ではなく、一度立ち止まって、ゆっくりと日常をふりかえることができる環境を設定することが重要です。

同期との交流

同じスタートを切った同期は置かれている状況も近く、課題や悩みを共有し易い関係性です。(この関係性を構築させてあげることも新入社員研修の重要なポイント)

現状や課題・悩みを一人で抱えるのではなく、共有できる機会を作りましょう。

現状分析と目標設定

入社して間もない新入社員研修のタイミングでは、現場での経験が少ないため、業務に即した目標設定ができません。(このタイミングでは、業務に即した目標設定ではなく、社会人としての本質的な目標設定やマインドセットが良い)フォローアップのタイミングでは、ある程度現場での経験を積んでいるので、現場経験を踏まえた現状の分析と目標設定が有効です。

いくつかポイントはありますが、やはり重要なのは、新入社員が “この先も会社で頑張っていこう・自分の力で会社を良くしていこう・お客様(社会)に貢献していこう” と改めて思えるような場を作ることです。

新入社員フォローアップ研修の例

タイミング別に、いくつか新入社員フォローアップ研修の概要を紹介します。

入社3ヶ月後

新入社員研修の復習が大きなポイントになります。新入社員研修の際に設定した目標の達成状況の確認や、新入社員研修の際の学び・気づきの定着度を測ります。また、不安解消や業務の進め方を確認することも重要でしょう。

入社6ヶ月後(半年)

研修内容を現場で実践している時期です。人によって、上手くいっていいる・上手くいっていないと様々でしょう。この時期に実施するフォローアップ研修では、現状分析や新たな目標設定をすることが効果的です。また、会社にも慣れてくる時期なので、緊張感の緩みや中弛みといった状況も考えられます。モチベーションアップも重要なポイントです。

入社12ヶ月後(1年)

入社1年後に実施するフォローアップ研修は、1年間のふりかえりと自身のキャリアプランを考える機会に最適です。また、後輩ができる場合もあるため、自分自身のことだけでなく、視野を広げ・視座を高める機会にできると良いでしょう。

まとめ

今回は新入社員に限った『フォローアップ研修』のご紹介をしましたが、新入社員に限らず、教育・人材育成は、点だけで考えるものではなく、長期的な視点で考えるものです。

それぞれの会社の理念やビジョンをベースに、フォローアップ研修も含めて、ラーニングジャーニーを構築していきましょう。

EECでは、体験型の研修コンテンツも取り入れて、オーダーメイドで御社ならではラーニングジャーニーをご提案可能です。

(プログラム例、成長のプロセスなど、参考資料はコチラ

ご興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。

    会社名・学校名
    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須電話番号
    必須お問い合わせ種別
    お問い合わせ内容

    この記事を書いた人

    田中 翔紘(Shoko,TANAKA)
    有限会社エッセンシャルエデュケーションセンター代表取締役。
    幼少期からアルペンスキーの選手として活躍。高校卒業後、単身アメリカColorado Mountain Collegeへ留学。スキー選手として世界を転戦しながら、野外教育を学ぶ。スキー選手を引退後、弊社代表取締役に就任。1986年兵庫県出身。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました