フィードバックとは? そのポイントを解説 | Essential Education Center

フィードバックとは? そのポイントを解説

企業研修や人材育成・教育の場面において、よく『フィードバック』という手法が用いられることがあります。

自分を知り、他者との関係性を構築するためにも、非常に有効な手法なのですが、一歩間違えると逆効果を生んでしまうこともあります。

本質的な『フィードバック』の意味や手法を理解してこそ、『フィードバック』本来の効果が発揮されます。

EECの研修プログラムにおいても数多く取り入れられている『フィードバック』ですが、今回は考え方や効果的なやり方について書きたいと思います。

そもそも、フィードバックとは何か?

『フィードバック』とは、他者から自分の行動や自分が周りに与えている影響について教えてもらうことを言います。

企業では評価面談やプロジェクトのふりかえり、または研修などの非日常の中で行われることが多いです。また一般的には、上司から部下へ行われる(上司が部下へフィードバックをする)ことが多いと思います。これは、部下の育成・パフォーマンス向上・動機付けを狙いとしています。

もともとフィードバックとは、「フィードバック制御」という制御工学の分野から生まれた言葉です。その直訳は「帰還」です。

目標値と実際の値を比べて、2つが一致するように改善する制御方法を意味します。「結果を見て次の改善へ繋げていく」という点では、企業内で行われているフィードバックと同じと言えるかもしれません。

フィードバックの効果

『フィードバック』を行う一番の効果に、 “自分の知らない自分を知ることができる” というものがあります。

裸の王様に、「裸ですよ」と言ってあげるということですね。

自分で捉えている自分と、他者から見えている “自分” の間には、大きなギャップがあることもあります。

そのギャップを把握できないまま他者やチームとコミュニケーションを取ることで、エラーや軋轢を生んでしまうこともあります。

逆に、そのギャップを正確に把握することができれば、自分や自分が関わるチームの可能性が拡がると言ってもよいでしょう。

このように『フィードバック』は、相手の成長やチーム・組織の成長のために行うのです。

フィードバックの内容

『フィードバック』には、大きく分けて2つの方向性があります。

“ポジティブフィードバック” と “ネガティブフィードバック” です。

ポジティブフィードバックとは

簡単に言うと、対象者(フィードバックをする相手)の良い行動や良い影響を伝えることです。

その人の行動や言動が、チームや組織にどの様なメリットや成果を与えているかを伝えます。

ネガティブフィードバックとは

対象者(フィードバックをする相手)の悪い行動や悪い影響を伝えることです。

ここで押さえておくべき重要な点は、その人の人間性や性格の話では無い、という部分です。

業務や目標を共にするメンバーとして、その人の行動や言動が、チーム・組織の業務や目標にネガティブな影響を与えているポイントを伝えます。

しかし、人間心理として、どうしても “ネガティブフィードバック” は、伝えづらい部分もあるかと思います。

「相手が傷つくかな、、」「怒り出したらどうしよう、、」「嫌われないかな、、」

など、フィードバックをする側にも、大きなプレッシャーがかかってきます。

フィードバックを行う前に

前述の通り、『フィードバック』は心的不安やストレスが発生する場合があります。

その結果、パフォーマンスが低下したり、相手との関係性が悪化する、などといことに繋がりかねません。

本来、『フィードバック』は、相手の成長やチーム・組織の成長を願って行うものなのですが、『フィードバック』自体がストレスになっていては本末転倒です。

そのため、『フィードバック』は安易に行うのではなく、

・『フィードバック』の意味を共有する

・正しい手法で行う

ということが必要です。

慣れていない、もしくは相手との関係性が希薄な場合は、研修プログラムとして行うなど、第三者の力を借りることが有効でしょう。

フィードバックのポイント

『フィードバック』を効果的に行うポイントはいくつかあるのですが、以下重要なポイントをご紹介します。

具体的なフィードバック

対象者(フィードバックをする相手)の具体的な行動や言動についてフィードバックを行いましょう。

「なんとなく良かった!」「悪い感じがする、、」など、曖昧にフィードバックをされても、次に繋げることができません。

ネガティブフィードバックから逃げない

前述の通り、“ネガティブフィードバック” は、“ポジティブフィードバック” に比べると伝えることにハードルを感じる人も少ないと思いますが、そもそもの『フィードバック』の目的を思い返して、耳の痛いこともしかっりと伝えるようにしましょう。“ネガティブフィードバック” の中にこそ、気づきや成長のヒントが隠れているものです。

リアルタイムにフィードバックを行う

『フィードバック』は、できる限りリアルタイムに行うのが良いでしょう。何ヶ月も前や何年も前のことを伝えられて、記憶に残っていなかったり、「それならば早く言ってほしかった」と不満に繋がることもあります。

フィードバックへの感謝を伝える

『フィードバック』は、伝える側も伝えられる側も感謝の気持ちを持つことが重要です。互いの成長やいチーム・組織の成長を願って『フィードバック』を実施できている事自体が大きな意味を持ちます。感謝も言葉にして伝えてみると良いでしょう。

フィードバックまとめ

フィードバック

リモートワークやオンラインコミュニケーションが増えている今だからこそ、『フィードバック』を有効に使って、関係性の構築やチームビルディングが求められていると感じます。

EECでも、『フィードバック』を取り入れたオーダメイドの人材育成・研修プログラムのご提案も可能ですので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

この記事を書いた人

田中 翔紘(Shoko,TANAKA)
有限会社エッセンシャルエデュケーションセンター代表取締役。
幼少期からアルペンスキーの選手として活躍。高校卒業後、単身アメリカColorado Mountain Collegeへ留学。スキー選手として世界を転戦しながら、野外教育を学ぶ。スキー選手を引退後、弊社代表取締役に就任。1986年兵庫県出身。

コメント

タイトルとURLをコピーしました