代表挨拶

自分らしく後悔のない人生のために

有限会社エッセンシャルエデュケーションセンター(EEC)は、1997年12月に設立されました。

当時は、アウトドアエデュケーションセンター(OEC)としてスタートし、主に野外体験型の企業研修、体験学習による学校教育支援を行ってきました。

これまで20年間、“ For Self Establishment ” を理念として掲げています。

『人生最後の瞬間に「良い人生だった」と言えるようにそれを実現できる世の中と個人の創造が我々の使命』です。

その理念を実現するためにEECには、3つの柱(事業部)があります。

一つは設立当初から行っている企業研修や青少年教育、学校教育支援などを行うEE事業部です。

カヌー、シャワークライミング、SUPなど体験を通し、人生を楽しむきっかけを創るplay事業部を設置し、これまでの教育という柱に “レジャー・余暇” の柱を加えました。

また、野外体験型の研修の中で、長距離ウォーキングによる自己内観を促すプログラムなどを開発・実施する中で、心身の健康が人として何を行うにもベースになるものであると考え、Wellness事業部を立ち上げました。

EECは、これからも『人にしか出来ない、人に必要なこと』をコンセプトに学び(Essential Education)、遊び(Play)、健康(Wellness)の3つの分野を通して、人間的成長を支援していきます。

Essential Educationとは…

「Essential Education」を直訳すると、「本質的・不可欠な教育」になります。

社名でもあるこの言葉は、会社の創業や歴史を表す大きな意味を持っています。一般的な教育は、教室の中で指導者が生徒に物事を教えると言ったイメージが強いと思いますが、EECが創業から行ってきた “教育” は、生徒(対象者)に対して一方的に物事を教えるのではなく、「本気になり自分自身と向き合う機会を提供する」ということです。その機会の中での気づきこそが学びとなり、人間は成長して行くことができるのです。

教育とは、一方的に物事を教えることだけではなく、自ら考え・行動する力、自分で自分を成長させる力を育むことでもあります。また、それこそが人間としての力であり、後悔の無い人生を創造して行くための力になります。EECは、様々な体験の提供と自ら考え・行動する力を育むためのサポートを行います。

タイトルとURLをコピーしました