オーダーメイド

特集コラム

with/afterコロナ時代に、オーダーメイド研修

研修の作り方には、大きく分けて2つの種類あります。それは、内容やテーマを予め決めておく『パッケージ型』、もう一つは、お客様の現状や条件・ねらいを基にカスタムする『オーダーメイド型』。どちらにも一長一短あるのですが、EECでは基本的に『オーダーメイド型』を採用しています。
特集コラム

オンライン時代は “状況対応力” の価値が上がる

半年前と比較すると、webセミナー(ウェビナー)やオンライン研修など、画面越しの学びの場の数は、比べものにならない程増えました。今では、オンラインで研修を行うことも、当たり前の選択肢の一つになりました。
Topics

オンラインではどうしても辿り着けないところ

 緊急事態宣言が解除され、多くの学校が通常運転を再開しました。それに伴い、私たちの “学校教育事業”...
Topics

保護者でも教師でもない私が “学校再開” を語る

 新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が解除され、初のブログ投稿です。前々回のブログではstayho...
Topics

もう価値観が変わっている?

今回は、今読んでみると考えさせられるブログストックがあったのでそのことについて書きたいと思います。そのブログは『不思議に思うこと~その1~』というタイトルで、どうやら2019年5月くらいに書いていたようです。以下、そのまま添付します。
Topics

アフターコロナの教育

特効薬、ワクチンの開発も進んでいるのでしょうが、出口の見えないトンネルの中にいるような感覚は、皆さんが共有している感覚なのではないでしょうか?気になるのは、子ども達、学生さんのことです。まだ、5月末に学校再開となれば、夏休み、冬休みの大幅短縮、土曜日登校などなどで遅れを取り戻すことはできるみたいですが、子ども達、学生さんに負担をかけることになってしまいます。また、“教育” って、時間をこなせば済むと言うものでもない気がします。
特集コラム

コロナ疲れの正体

『緊急事態宣言』が発令されて、三週間が過ぎました。多くの人が、数ヶ月前とは違う日常が “日常” になってきているのではないでしょうか?(私は、こんなに連続で、自宅で、家族と、食事をしているのは、社会人始まって以来初です!)EECも、ほぼ全ての研修が延期となり、新たに『オンライン』の学びの場を急ピッチで展開しています。【EECウェビナー】の情報はコチラ!
Topics

人付き合い苦手な私が人に会いたくなった

 兵庫県に緊急事態宣言が出て、2週間が経とうとしています。近所のスーパーでも感染者が出て、妙な胸騒ぎがしています。怖いですね。家にいる事しか出来ません…。何かしらのストレスを感じています。正確に言うとストレスという表現ではないような気がします…モヤモヤ?違和感?疲れ?いつも(beforeコロナ)とはちがう感覚があるわけです。
Topics

コロナ禍、時代のハザマ

子どもたちや学生が、この状況をどう捉えているかはわかりません。もしかしたら、私なんかよりずっとポジティブに時代の変化を捉え、バチっと気持ちを切り替えて、前を向いているかもしれません。後々、コロナ世代とかと呼ばれ、ポジティブなワードとして語り継がれていくかもしれません。
特集コラム

時代が変わった

皆さんは、どのような時に “考え” ていますか?私は最近、ずーとっ “考え” ている気がします。全世界で猛威を振るっている『新型コロナ』。EECも甚大な影響を受けています。本当に一刻も早い終息と、皆様のご無事を祈るばかりです。EECでは、体験型の研修(人と人との接触を伴う、むしろそこが売りの研修)をメインに提供していたので、当然ですがほとんどの研修はキャンセルになってしまいました。ありがたいことに、中止ではなく延期でお話を頂いていることが救いですが、先が見えないことは事実です。
Topics

試されている、今。

「どうしたいか」の軸を大事にしたいなと思っています。「何が書きたいのか」、「この局面を乗り越えてどうなっていたいのか」…スケールの違いは置いておいて、自分(自分たち)を起点に考えることを忘れず大事にしたいところです。それをなくして場当たり的に動いたり、したくもない事をしていると、個人も会社も絶対潰れます。もちろん外部環境には徹底的に目を向けて考えなければいけません。
Topics

リアルな教育

新型コロナウィルスの感染拡大の影響で、多くのイベントが中止、延期を余儀なくされています。東京オリンピック・パラリンピックの開催が来年の夏まで一年間延長されるということが発表されたばかりです。首都の封鎖も現実味を帯びてきています。
タイトルとURLをコピーしました