【メディア掲載】社員教育・人材育成に関するリサーチ&レポート | Essential Education Center

【メディア掲載】社員教育・人材育成に関するリサーチ&レポート

これまで有限会社エッセンシャルエデュケーションセンターでは、社員教育・人材育成に関するリサーチ&レポートをリリースしてきました。今回は、【メディア掲載】の情報を一部、紹介します。これらのリサーチ&レポートはホームページよりダウンロードも可能です。

コロナ禍において組織が抱える課題に関する調査

コロナ禍で経営者が社員に習得してほしいスキルTOP3、3位多様性を理解する力、2位業務遂行力、1位は?|@DIME アットダイム
新型コロナウイルスの感染拡大によって、社会全体が大きく変わった。そんな中、リモートワークの浸透、Web会議の普及など労働の現場にも地殻変動が起きているが、コロナ禍の今、ビジネスパーソンに求められる能力...
Withコロナ時代、66.7%の経営者が、社員に「周りと協力する力(チームワーク)」を身につけて欲しいと回答 | 調査のチカラ
Withコロナ時代、66.7%の経営者が、社員に「周りと協力する力(チームワーク)」を身につけて欲しいと回答 一方44.1%の経営者はチームワークを身につけるための「十分な教育が行えていない」と回答 〜コロナ禍において人材の重要性が増す中、8割超の経営者が「非日常の研修」を希望、「コロナ禍において組織が抱える課題」に関...
【データ】「コロナ禍において組織が抱える課題」に関する調査
 エッセンシャルエデュケーションセンターは10月29日、「コロナ禍において組織が抱える課題」に関する調査の結果…
 Withコロナ時代、66.7%の経営者が、社員に「周りと協力する力(チームワーク)」を身につけて欲しいと回答 一方44.1%の経営者はチームワークを身につけるための「十分な教育が行えていない」と回答…【エッセンシャルエデュケーションセンター】|省庁・自治体、企業が発表した食に関する最新情報|ニュース|フーズチャネル
~コロナ禍において人材の重要性が増す中、8割超の経営者が「非日常の研修」を希望、「コロナ禍において組織が抱える課題」に関するアンケート調査実施~  有限会社エッセンシャルエデュケーションセンター(本社:神戸市北区、代表取締役:田中 翔紘)は

上記の4つの他にも約30のニュース、情報サイトに掲載していただきました。

この他にも約30のサイトにこの「コロナ禍において組織が抱える課題に関する調査」の結果が掲載されました。上記のように一般的な情報サイトだけではなく、観光、食品・外食などの業界に特化した情報サイトにもこの結果が掲載された点、また取り上げられたサイト数からも「コロナ」が「組織」に与えた影響の大きさが伺えます。

調査の概要

調査概要:「コロナ禍において組織が抱える課題」に関する調査

調査方法:インターネット調査

調査期間:2020年10月19日〜同年10月21日

有効回答:外部講師や外部企業を活用して社員研修または新卒研修を行っている経営者、もしくは研修の導入を検討している会社の経営者、合計111名

社会的メッセージ

Withコロナ時代、66.7%の経営者が、社員に「周りと協力する力(チームワーク)」を身につけて欲しいと回答。

一方44.1%の経営者はチームワークを身につけるための「十分な教育が行えていない」と回答 。

また、コロナ禍において人材の重要性が増す中、8割超の経営者が「非日常の研修」を希望しています。

コロナ禍を乗り越えるために企業はその武器、鍵、チカラを周りと協力する力(チームワーク)だと捉えています。

これらの社会的メッセージに応えるべくオーダーメイドで社員研修、人材育成の最適解を求めて、チームEECも成長していきたいと思います。

この記事を書いた人

鈴木 浩之(Hiroyuki,SUZUKI)
有限会社エッセンシャルエデュケーションセンター Sales&Promotion担当マネージャー。
大学卒業後、世界的冒険教育機関であるOBSの指導者コースJALT受講、その後、OBSインストラクターへ。OEC、国立青少年教育振興機構、市議会議員等を経て現在に至る。1971年静岡県出身。

コメント

タイトルとURLをコピーしました