オンライン研修で使えるコンテンツ | Essential Education Center

オンライン研修で使えるコンテンツ

「オンライン研修」という言葉が、当たり前になってもう2年近くなります。この半ば強制されたDXの波は、社会の隅々に及んでいます。

afterコロナ…これは、コロナ禍前の日常が戻ってくるということではなく、新型コロナウイルス感染症が変えてしまった世界ということです。つまり、今起こっている “変化” は、コロナ禍が収まっても元に戻ることはないものがほとんどです。

そんな中、企業における人材育成・社員教育は、研修を専門とする会社や講師に外注するスタイルから、社内の人材を使った内製化へ、集合・対面の研修から、オンライン研修へシフトしています。

この度、我々が開発・リリースしたコンテンツ(実習)を紹介します。

オンライン研修のメリット

具体的なコンテンツ(実習)を紹介する前に、オンライン研修のメリットについて触れておきたいと思います。これは、集合・対面の研修を受託してきた(企業から委託されてきた)側からみたメリットです。

時間・場所の制約が緩い

これまで「研修」を開催しようとすると、研修施設、ホテルなど「会場」を押さえることから始まりました。オンラインでは、この「会場」を押さえるということから解放されます。それに伴って、日程、時間、定員という制約は格段に緩くなります。

参加への心理的ハードルが下がる

集合・対面の研修に比べて、オンライン研修は気軽に参加できます。「会場」まで移動する必要はありませんし、人と出会う、食事、宿泊、懇親会などなどハラスメントに気を使う機会は格段に減ります。ウイルスに感染する、感染させるというリスクも減ります。

ただ、最近ではリモートハラスメント、テレワークハラスメントといった事例もありますが、過度なストレスを感じた場合、退避しやすいという点は、オンライン研修のメリットです。

必要なスキルを体験的に学べる

afterコロナ時代、テレワーク、リモートワーク周辺のスキル、リテラシーは相当な高い水準で要求されること必至です。好むと好まざるに関わらずです。

何かを学んだり、課題を解決したり、自分自身、組織を “成長” させるという研修本来の目的の達成度、研修の成果が、Zoomなど会議アプリで参加する、インターネット、パソコン全般のトラブルに対応する、チャット、ホワイトボード、画面共有などなどのツール・機能を使いこなすというスキル、リテラシーに左右されるということです。

前段の「参加への心理的ハードルが下がる」ということと反するかもしれませんが、気軽にいろんなツールを使ってみましょう。そして、とりあえずオンライン研修に参加してみましょう。今なら間に合います!

オンライン研修のコンテンツ開発

EECは、これまで(11月で設立25年周年!)企業や学校、地方公共団体などから集合・対面の研修、合宿型の事業を受託してきました。

その中で強みとして活用してきたのは野外(屋外)での体験型コンテンツです。例えば、ロッククライミングや沢登り、登山や自転車・リアカーでの旅、長距離ハイク、カヤックやいかだ、オリエンテーリングなどです。

なぜ、そんな野外での体験型コンテンツを使ってきたか?その質問に一言で答えるとすると「圧倒的なリアリティ」にあります。EECの強みについてはこちら ⇒ https://e-ec.co.jp/strength/

  • 思い通りにいかない
  • ごまかしがきかない
  • 自分と向き合う時間
  • 知るとできるの違い

これらの要素が、野外(屋外)での体験型コンテンツには豊富に備わっています。この要素をオンライン上に再現する。これがオンライン研修コンテンツの開発で重要視しているところです。

バーチャルオリエンテーリング

コロナ禍以降、EECはオンライン研修で使えるコンテンツをいくつか開発・販売しています。その中で、新製品「バーチャルオリエンテーリング」について解説します。

オンライン研修コンテンツの目的・効果

このコンテンツは「グループでの課題解決」というカテゴリーに分類されます。使う人、組織、場面にもよりますが、考えられる目的・効果は…

  • グループによる課題解決の過程(促進要因、阻害要因)を体感できる
  • コミュニケーションにおいて注意すべきポイントに気づく
  • 各自の考えや枠組みなどがコミュニケーションに与える影響に気づく
  • コミュニケーションにおけるエラーや陥りがちなポイントに気づく
  • 体験を共有することで、コミュニケーションが活性化する

オンライン研修コンテンツの概要

「バーチャルオリエンテーリング」は、諸々の準備、説明を含めて1時間程度で実践できます。実習の制限時間は3〜5人のグループで、40〜50分が適切です。

地図と分度器を使って、ある場所(実習では “ポスト” と呼びます)を特定していきます。また、ポストが判明したら、Google®ストリートビューを使って、そこに飛び、街中にある看板、標識、案内板などなどを探します。看板、標識、案内板などは、別に指定されます。

看板、標識、案内板などを見つけるだけでなく、そこにに書かれている“文字”、“数字”を特定することも求められます。特に “数字” は、ポストを探すために重要な情報となります。

ポストの位置は、2点からの角度で指定されます。指定された角度の線を引くと交点が出てきます。そこにポストがあります。この角度を判明させるために看板、標識、案内板などから特定した “数字” が必要です。

リフレクションも重要

研修は、コンテンツ(実習)だけではなく、前後に何らかのワークを行い、流れ・ストーリーを作ることでより効果的になります。

例えば、実習前に普段の自分自身や所属するチームをふりかえったり、事後に実習で起こったこと、そこでの気づき・学び、次(研修だけでなく、研修後の日常生活)にどう活かすのか?などを考えたりすることが重要です。

実習の前後で使える「ワークシート」も販売しています。

販売サイトはこちら ⇒ https://e-ec.co.jp/shop/

この記事を書いた人

鈴木 浩之(Hiroyuki,SUZUKI)
有限会社エッセンシャルエデュケーションセンター Sales&Promotion担当マネージャー。
大学卒業後、世界的冒険教育機関であるOBSの指導者コースJALT受講、その後、OBSインストラクターへ。OEC、国立青少年教育振興機構、市議会議員等を経て現在に至る。1971年静岡県出身。

コメント

タイトルとURLをコピーしました