進路指導や就職支援だけが “キャリア教育” ではない | Essential Education Center

進路指導や就職支援だけが “キャリア教育” ではない

キャリア教育=進路指導

「キャリア教育」という言葉を聞くと、どのような事をイメージしますか?

私は、自分の学生時代を思い返して考えてみると、「キャリア教育」=「進路指導」とイメージします。適性検査から自分が向いている職業のランキングが出たり、職場体験をしたり。。

職場体験は「賄いが食べられるお店に行こう!」と仲の良い友達と決めた…そんな事を思い出します。それらが今の自分にどう繋がっているのかは、正直分かりません。

しかし今は、仕事柄 “キャリア教育の必要性” や “キャリア教育の可能性” を感じています。最近の学校では「小学校からキャリア教育が必要だ」とも言われています。いったい「キャリア教育」とは、どのようなものなのでしょうか。

キャリア教育の定義

 一人一人の社会的・職業的自立に向け,必要な基盤となる能力や態度を育てることを通して,キャリア発達を促す教育 

中央教育審議会「今後の学校におけるキャリア教育・職業教育の在り方について(答申)」(平成 23 年1月 31 日)

キャリアとは?

 人は,他者や社会とのかかわりの中で,職業人,家庭人,地域社会の一員等,様々な役割を担いながら生きている。これらの役割は,生涯という時間的な流れの中で変化しつつ積み重なり,つながっていくものである。また,このような役割の中には,所属する集団や組織から与えられたものや日常生活の中で特に意識せず習慣的に行っているものもあるが,人はこれらを含めた様々な役割の関係や価値を自ら判断し,取捨選択や創造を重ねながら取り組んでいる。

 人は,このような自分の役割を果たして活動すること,つまり「働くこと」を通して,人や社会にかかわることになり,そのかかわり方の違いが「自分らしい生き方」となっていくものである。

 このように,人が,生涯の中で様々な役割を果たす過程で,自らの役割の価値や自分と役割との関係を見いだしていく連なりや積み重ねが,「キャリア」の意味するところである。

 中央教育審議会「今後の学校におけるキャリア教育・職業教育の在り方について(答申)」(平成 23 年1月 31 日)

キャリア発達とは

社会の中で自分の役割を果たしながら,自分らしい生き方を実現していく過程を「キャリア発達」という。

中央教育審議会「今後の学校におけるキャリア教育・職業教育の在り方について(答申)」(平成 23 年1月 31 日)

イメージとのギャップがある「キャリア教育」

改めて調べてみると、自分の学生時代とのギャップに驚く。(学校側は自分らしい~を狙っていたのかもしれませんが…)

ウィキペディアには「キャリア=経歴」と淡白に書かれていますが、日本が目指しているものはもっと深い意味のあるものでした。

では、この「キャリア教育」、具体的にどの様な取り組みがされているのでしょうか。

事例:和歌山県立桐蔭高等学校

和歌山市内に校舎を構える桐蔭高校は、2019年に創立140年を迎えた普通科・数理科学科の2学科を持っています。

同校で進められているキャリア教育の取組みの一つが、「キャリア桐の葉」という授業です。この授業は、一般的な高校が行っている「総合的な学習の時間」の代替として設計されました。

この授業でまず行われるのが、学ぶ意味の理解を促すことです。教科・部活・特別活動で得られた学びをどのように人生に役立てていくのかがまとめられた教材「桐蔭の学び入門」を用いてオリエンテーションを実施します。

それを踏まえて、生徒が数人のグループを作って教員にインタビューし、学ぶ理由をまとめた報告書を作成します。この活動が「学ぶ意味」知る機会となり、生徒は将来を見据えながら勉強に取り組めるでしょう。

またこの活動の次に行われるのが、社会貢献などキャリア設計に関するテーマを扱う「桐蔭リーダー塾」です。この取組みでは招かれた社会人講師20名がテーマについての講話を行い、それを基に生徒がグループを組んで与えられたテーマについてまとめて発表を行います。そして最後には講師からのフィードバックが与えられます。

このように桐蔭リーダー塾は、生徒と先生だけで完結してしまう授業でありません。和歌山県で活躍する社会人が携わっているため、生徒はよりリアルにキャリア形成について考えられるのでしょう。

参照

和歌山県立桐蔭高等学校『本校のキャリア教育

リクルート進学創研『自ら人生を切り拓く人を育てる 「なぜ学ぶのか」から始まるキャリア教育/桐蔭高校

キャリア教育のキーワード

『自分らしさ』

 激しい社会の変化に流されることなく、自分の意志を基軸に自分で決めるということを積み重ねていくこと。

『将来と今を繋ぐ』

 将来に繋がる力をつけること。繋がりを実感できること。

 EECでは、「自分らしさを知り、自分らしく生きる」という目的を掲げたプログラムを小中学生対象に行っています。特にキャリア教育と謳っているわけではありませんが、今回“キャリア教育”について調べて見る限り、同義であることに気がつきました。“キャリア”は、その人が生きて、積み重ねてきた証だと思います。

 これからもEECでは、体験を通して今の自分、在りたい自分へ目を向ける機会を提供していきます。

この記事を書いた人

副島理恵子(Rieko,SOEJIMA)
有限会社エッセンシャルエデュケーションセンター EE事業部ディレクター。長崎純心大学在学中は、社会福祉の分野を専攻しながら、野外教育の指導ボランティアを経験。大学卒業後、本格的に野外教育の世界へ。1989年長崎県出身。

コメント

タイトルとURLをコピーしました