登山

 『登山』とは、とっても不思議な行為です。一般的には、山に登ることを楽しみ、山に登ること自体を目的とするスポーツです。山菜採りや狩猟、林業、信仰などの目的で山に登る人もいるでしょう。

 「なぜ山に登るのか?」そう問われた時、山頂からの景色、新緑や紅葉を楽しみたい、より高い山、より厳しい季節、より難しいルートに挑みたいなど様々な答えが返ってくるでしょう。それぞれの目的に応じて…。

 教育・研修の場面で行われる『登山』は、どうでしょうか?その目的によってどんな山に、どうやって登るかが違ってくるはずです。

 とにかく「やり遂げる」「達成する」、その体験から、自分(またはチーム)の可能性に気づくための『登山』であれば、頂上はそれなりに“高い”、道のりはそれなりに“厳しい”ことが必要です。

 自分で「やり遂げる」「達成する」のか?チームで「やり遂げる」「達成する」のか?によって登り方は変わってくるでしょう。何れにせよ、ルートは明確に、時には道案内してでも、“登る”ことに集中できる環境であることが望まれます。

 もし、チームの課題解決、その過程で起こるコミュニケーション、リーダーシップについて“考える”場としての『登山』であれば、進むべき道にはいくつもの分岐点があったり、道標に頼ることなく地図・コンパスを駆使して登らなければならなかったり…日常のチームが投影されることが必要です。そして、チームにとって、解決すべき、解決したい“課題”であることが望まれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました