Contents スクエア(アドベンチャーラリー)

課題はシンプルです。「グループ全員で “正方形” を作ること」
 
“正方形” の定義は、誰もが知るところですが、自分が誰と誰に挟まれていたのか?手にした輪は一体どれくらいの大きさなのか?どうやって “正方形” を作るのか?次々に問題が降りかかってきます。
 
個人の取り組みに影響を与えるのは、見えないことよりも、「見られていない」ということ…参画しないこと、課題が達成できないことに対する言い訳がどんどんと湧いてきます。
 
日常では、その深度に差はあるものの誰もが「見られている」ということを意識しているのではないでしょうか?それを自分の力に変えられるか?取り繕ってしまうのか?過度に気にして萎縮してしまうのか?自分自身を映す鏡がそこにあります。
 
自分の意見を伝える、他者の意見に耳を傾けることをおろそかにしているとグループの方針が決まらない、自分がどう動いていいかわからない。伝えたつもり、わかったつもりでは、結果に結びつきません。
 
逆に自分の意見を伝える、他者の意見に耳を傾けることに徹することでグループが納得して課題解決に向かうことができます。
 
どんな状況でも個人、グループ、組織としては結果を追求しなければなりません。“正方形” ができた、できなかったという結果ももちろん大切ですが、ここで向き合わなければならないのは 対人能力、対自己能力、対課題能力など自分自身のヒューマンスキルの “今” なのだと思います。「見られていない」ということ…自分自身を映す鏡がここにもあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました