会社の理念=わたしの理念 ?

体験型研修 こんにちは、ソエジマです!さて突然ですが、「あなたはなぜその会社で働いているんですか?」

 私は、理念に共感しているということが圧倒的な理由です。そして、この会社でめざしたい世界があるからです。

 では、あなたは?あなたの部下は?あなたの上司は?そもそも経営者は?何でその会社で働いているんだろう…みなさんの声が聞きたいです。そんな “理念” について、最近思っていることをブログにしたいと思います。

理念とは?

 『理念』をネットで調べると、以下のように説明されていました。

  1.  ものの原型として考えられる、不変の完全な存在
  2.  事業・計画などの根底にある根本的な考え方

 一先ず、私が会社の理念に共感しているということは、わるくなさそうですね。

落選

 私は会社の理念に共感していると思っていますし、会社でめざしている世界があるのですが、最近「それだけで良いのか?」と考える出来事がありました。

 その出来事とは、昨年末に応募した『Japan Outdoor Leaders Award』というアウトドアフィールドで人材育成をしている方対象のアワードです。

 結果は落選。他の応募者の方々が優秀だったのだなと思う一方で、なぜ落選したのかが気になって私なりに考えました。

会社の理念 × 私の理念 = 価値ある幸福


体験型研修

 応募した内容は、私が担当している学校事業についてです。確かに私が担当しているのですが、文章を書いていると、どうしても主語が “EEC” になるのです…。

 「まぁ、EECとして受託している事業なのでそうなるか…」、「会社の理念とズレていないからわるい事ではないか…」と思っていたのですが、おそらくソコに落選した理由(私に足りない部分)があるのだと思いました。

 私に足りない部分、それは私自身の『理念』です。自分の理念や価値観、教育観が明確に成文化されていないから、仕事について語る上で、 “私” が主語にならないのだなと思います。

 会社の理念実現へ向かう中で、自分の理念も持つことができると、より仕事が面白くなるはず、自分の仕事になるはずです。その結果、強い組織になっていくと思います。

わたしの理念

 とはいうものの、まだ何か明確に言葉にできるものはありません。まずは自分について自覚することから始めようと思い、自分の言動や感じた事などをメモをするようにしています。

 内容は何でもOKで、「夢中になる事」、「気になった言葉」、「腹が立った事」、「好き・嫌い」、「考えた事」…とにかく何でもメモするのです。

 ある程度メモが貯まったら机上に並べて、俯瞰して見てみようと思います。またその経過をこのブログで書けたらと思います。(誰も興味ないやろなぁ…と思いつつ、ブログは自分の中で整理できるツールでもあるので、この場を使います。)

 どんな私が見えてくるのやら…お楽しみに!

この記事を書いた人

副島理恵子(Rieko,SOEJIMA)
有限会社エッセンシャルエデュケーションセンター EE事業部ディレクター。長崎純心大学在学中は、社会福祉の分野を専攻しながら、野外教育の指導ボランティアを経験。大学卒業後、本格的に野外教育の世界へ。1989年長崎県出身。

シェアする