「体験型」企業研修と「体験学習」による学校教育支援

Contents リバークロス(アドベンチャーラリー)

 ロープを使って、制限時間内にグループ全員が川を渡ります。グループの中で一人、1回だけロープを張るために向こう岸に行くことができますが、渡りきったあと、渡った側(向こう岸)で、ロープを回収しなければなりません…。一体どうやって結ぶのか?そこからグループの課題解決は始まります。

 
前もって考えていた向こう岸で回収できるロープの結び、解けない・緩まない・たるまない結び…現地でなかなか思うようにいきません。「すぐにできると思っていたのに…」時間だけが過ぎていきます。
 
ロープを結ぶために向こう岸に行ったメンバーだけではなく、グループ全体が、グループの方針(課題解決の方法)を理解していなければなりません。そして同時に、状況に応じてテキパキとアイデアを出し合い、グループの方針に昇華させていくことも求められます。
 
インストラクターは、グループが張ったロープが “解けない” ことだけを確認します。もし解けそうな場合は、やり直しが伝えられます。
 
渡っていると、どんどんとたるんで行くロープ…渡っている人の力だけではどうしようもなくなり、グループでロープを持ち上げたり、渡っている人を引っ張ったりとここでも状況対応が求められます。
 
予想外の事態が起こる、計画の変更を余儀なくされる、時間だけが過ぎていく…日常でよく出会うことです。その状況に対応しながら最善を尽くし、最高の結果を追及することができるのか?自分自身、グループ、組織の物事に取り組む姿勢、意識が問わます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました