「体験型」企業研修と「体験学習」による学校教育支援 | Essential Education Center

Contents ストレートハイク(アドベンチャーラリー)

 
方位磁石を使ってまっすぐ進み、ある目的地に到達することが課題です。複数のアクティビティを組み合わせたラリー形式のプログラムでは、目的地からのズレで得点や売り上げが変わってきます。
 
距離は知らされていますが、目的地はどこなのか、何が目印なのかは進んでみなければわかりません。方位磁石を指定された角度に合わせ、磁針を見ながら、線上に目標を作って進んでいきます。
 
進むべき方向には藪、森、草むら、山…見通しが悪く、目標なんて見つかりません。そこでメンバーが目標になり、そこからまた目標を作りを繰り返します。
 
目標になったメンバーに「あと半歩左!」「ごめんちょっと右に戻って」など的確に指示を出さなければなりません。
 
1度、2度くらいズレていても平気?本当にそうでしょうか?そのズレは将来、大きな差になりグループに返ってきます。
 
こういうの苦手だから誰かに任せておこう…それでメンバーとしての責任を果たすことができるでしょうか?
 
見通しがきかない、ゴールが見えない、歩きにくい、声が届かない…そんな状況で個人、グループ、組織がより良いもの、ホンモノを追求できるかどうかが問われています。
 
日常でも「こうすれば良い」ことがわかっていても、なかなかそれを口に出せない、行動に移せない…いろいろな事情があるでしょうが、どこかで言い訳をしてやり過ごしてしまうことってありませんか?
 
藪、森、草むら、山…というフィールド+アクティビティという非日常空間の中で日常の自分、グループ、組織について考える…

コメント

タイトルとURLをコピーしました