人材開発 自己分析 『私のセブンルール』 | Essential Education Center

人材開発 自己分析 『私のセブンルール』

先日、テレビを付けると、『セブンルール』という番組が放送されていました。番組の内容は、さまざまな分野で活躍している女性に密着し、ルール = いつもしていること、大切にしていることを手がかりに、その女性の人生観を映し出すドキュメンタリーです。

これは、人材開発、自己分析のツール(ワーク)として活用されています。試行の意味も込めて、私も自分の『セブンルール』を考えてみました。誰も興味ないと思いますが、(今更…)自己紹介だと思って読んで頂けると嬉しいです。

私のセブンルール

Rule 1 寝る<食べる

昔からお腹が減ると静かになるタイプです。

いくら眠たくても、お腹を満たしてからでないと眠れません。

食欲は“健康”のバロメーターだと思っています。

Rule 2 毎日一人の時間を作る

一人でいる事が好きです。

沢山の人に会う研修や毎日誰かと顔を合わせるのは結構疲れます。

一日最低6時間(寝る時間含む)は一人でいたいです。

Rule 3 集中が途切れたら場所を変える

注意散漫でそもそも集中力がありません。。

無理に同じ場所に留まっても生産性が上がらないので、「あの場所でこの仕事をしよう」と気分をあげることを含めて場所を変えます。

Rule 4 月に2回温泉へ行く

兵庫へ来て4年位は年間パスポートがある温泉の近所に住んでいたので、ほぼ毎日温泉へ行っていました。最高の環境でした。

今も近所に温泉があるので、月に2回位は温泉に浸かって身体を癒しています。

Rule 5 家族、親戚、先祖を大事にする

私は就職のタイミングで初めて実家を出ました。意外と「家族、親戚、先祖を大事に思っているんだな(ある種、依存している?)」、「良い意味で先祖を敬うように育てられたんだろうな」と実家を出て気が付きました。両親や祖父母に感謝しています。

Rule 6 自分の直感を大事にする

「根拠がない」と、バッサリ切られることはありますが、自分の“ピンとくる”は大事にしたいと思っています。結構考えたりした結果、最初に思いついた事へ戻ってくる事ってありませんか?

もっと沢山インプットと経験をして、直感の精度を上げていきたいです。

Rule 7 事実を大事にする

基本的に自分の目で見たもの、聞いたもの、触れたもの、感じたこと…を信用します。昔から噂話(「◯◯さんって△△らしいよ」 などなど)はあまり真に受けません。

(なので?)初めてのものを購入する時、特に身につけるもののネットショッピングは苦手です。

私ってどんな人?

書き出してみた感想としては、基本的に細かいルールはないというのが正直なところです。

自己分析

頑張ってそれっぽく書き出してみたが、実際のところルール(“いつも”していること)なんていうのは私にはありません。

書き出した7つのことは、私の “習性” や “大事にしていること” という感じでしょうか。

しかし、あまり全面に出さない(ようにしている)けど我が強いことと、とにかく一人になりたいことがバレました。

私のセブンルール、意外でしたか?皆さんもゆっくりした時間に考えてみてはいかがでしょうか。意外な発見があるかもしれませんよ。

この記事を書いた人

副島理恵子(Rieko,SOEJIMA)
有限会社エッセンシャルエデュケーションセンター EE事業部ディレクター。長崎純心大学在学中は、社会福祉の分野を専攻しながら、野外教育の指導ボランティアを経験。大学卒業後、本格的に野外教育の世界へ。1989年長崎県出身。

コメント

  1. 河野謙 レペゼン野沢温泉 より:

    ソエちゃんのことがよくわかる自己紹介ですね〜。

    • 副島 理恵子 より:

      Kenさん、コメントありがとうございます!
      ブログで自己紹介…なかなか恥ずかしいんです。。

タイトルとURLをコピーしました