企業研修の論理「EEモデルについて No.1」氷山が表すもの | Essential Education Center

企業研修の論理「EEモデルについて No.1」氷山が表すもの

2021年度も始まり、企業では入社式や新入社員研修・オンボーディング、学校では入学式にオリエンテーションと新たなスタートといったイベントが目白押しです。

そんなタイミングで、今回は改めて『エッセンシャルエデュケーションモデル』(以下:EEモデル)の説明をしていきたいと思います。

企業研修の論理『EEモデル』とは、我々EECの考え方や価値観、研修デザインのベースとなっている “氷山のイメージ” を使ったフレームワークです。

概念から活用方法まで、複数回にわけて説明していきたいと思います。今回はその一回目です。

企業研修の論理 『EEモデル』が表すもの

『EEモデル』は、簡単に言うと、我々 “人間そのもの” を表しています。

私達は日々、仕事や学業、遊び、恋愛、趣味など様々な行動·活動を行っています。

その行動・活動を2つの領域4つステージに分けて表現しています。

なぜ氷山?

『EEモデル』で “氷山のイメージ” を使用している理由についてです。

そもそもの氷山とは、南極海や北大西洋に浮かんでいる大きな氷の塊のことです。

そのサイズは大きいもので、淡路島の10倍の面積になるものもあるようです。

また、氷山の海面に出ている部分は約10%といわれており、多くは水面下にあると言われています。

実は、この “見えている部分はごく一部で、多くは水面下にある” というポイントが、『EEモデル』に “氷山のイメージ” を使用している理由です。

『EEモデル』は、我々人間を表すフレームワークなので、氷山を人間に置き換えてみます。

氷山と同じく、我々人間にも、“目に見えている部分(以下:認知領域)” と “目に見えない部分(以下:非認知領域)”  があり、”認知領域”  は目に付きやすく注目されやすい。しかし同時に、目に見えない “非認知領域” もあり、割合でいうと、こちらの方が大きい。

そんなイメージから、『EEモデル』では “氷山のイメージ” を使用しているのです。

認知領域 と 非認知領域

では、我々人間にとって、“認知領域” とは、どういった部分でしょうか?

わかり易い部分でいうと、その人が取り組んでいることやその結果・成績などが上げられます。

もう少し深堀りしていくと、その人の行動や言動、表情・態度なども認知できる領域と言えます。

では、“非認知領域” とは、どういった部分でしょうか?

前述の “認知領域” とセットで考えてみたいと思います。

例えば、グループで対話をしている場面で、一人がグループの輪から外れて、対話に参加していなかったとしましょう。

ここでいう “認知領域” は、「グループ対話、一人がグループの輪から外れている(対話に参加していない)」ということです。

 “非認知領域” は、関わっている人々がこの場面において、『何を考え、感じていたか。またその意図や目的、要因は何か。』という部分に当たります。

「グループの中に入りづらいな…」「少し距離を置いて、客観的にグループの現状を捉えてみよう」「今日、何食べようかな?」「なんで話し合いに参加しないのかな?」などなど、認知できる行動・状況に対して、様々な思考・感情・意図・目的・要因が隠れています。 

重要なポイントは、 “非認知領域” は当人にしかわからないということです。

以上が、『EEモデル』における “氷山のイメージ” と、2つの領域についてです。

次回は、2つの領域の中に存在する、4つステージについてご説明したいと思います。

 “氷山のイメージ” は、システム思考(参考:https://www.amazon.co.jp/dp/B00SUT1ODK/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_ZCXQKMZCB6NZVS8XNG5Y)の「氷山モデル」や体験学習・組織開発・グループダイナミクスの文脈の中で「プロセス」という概念の説明(参考:https://www.amazon.co.jp/dp/4478106444/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_RPCPA8BYX4ARY256D2FS)にもよく用いられており、『EEモデル』の参考にもなっています。

この記事を書いた人

田中 翔紘(Shoko,TANAKA)
有限会社エッセンシャルエデュケーションセンター代表取締役。
幼少期からアルペンスキーの選手として活躍。高校卒業後、単身アメリカColorado Mountain Collegeへ留学。スキー選手として世界を転戦しながら、野外教育を学ぶ。スキー選手を引退後、弊社代表取締役に就任。1986年兵庫県出身。

コメント

  1. […] (第一回目がまだの方は、是非こちらから:https://e-ec.co.jp/column-33/) […]

タイトルとURLをコピーしました